虚ろ町ののばら

2018年11月17日 23:00

Paper Moon【タイトル】 虚ろ町ののばら
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

虚ろ町ののばら
【ジャンル】 ファンタジーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】
【プレイ時間】 1周3時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 276MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年9月22日
【プレイver.】 1.03

祖母の家へ向かうバスに乗った、のばら。
気が付くとバスは見知らぬ場所に到着していた。
周りには誰もいないし、バスは何年も放置されていたようにボロボロで。
おまけに、得体の知れない黒い影が彷徨っている。
のばらは、怯えながらもバスを降りて周囲を探索することに。


ツクールMV製の探索ゲーム。
ふりーむ!からはダウンロード版、もしくはRPGアツマールのブラウザ版がプレイ可能。
(この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!さんの作品ページにリンクさせて頂いています)

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

こちらの作品、公開前に作者さんのtwitterで時折拝見していて楽しみにしていました。
進捗を拝見していたときは美しいMAPから勝手に西洋風ファンタジーと思っていたので、
日本が舞台だと知ってちょっと意外でした。

以前から絵が美麗な作者さんでしたが、今作は期待以上……!
のばらちゃんの可愛さに、いきなりノックアウトです。
今作はボイス付で、フルボイスではないものの時折キャラクターが喋ります。
「あっ」とか「きゃっ」とかちょっと喋ってくれるのが、また可愛い。
このくらいだと、基本ボイス付を求めない私にはちょうど良くて心地良いです。
また、のばらちゃんは怯えた表情が多いものの、時々にっこりと笑うんですよ。
その表情がホントに可愛くて、ハートを射抜かれました。

キャラクターグラフィックはもちろんのこと、MAPもすごく綺麗です。
全てが自作だとは思えないのですが、ボロボロの町から美しい館内まで作りこまれています。
不気味な虚ろ町も、細かいところに見惚れつつ進みました。

ゲームの仕様については、プレイ中に時折チュートリアルが表示されます。
左上に青いアイコンがあって、主人公の行動によって青く光ったり赤く光ったりすることが。
これがエンディングに影響してきます。

どうやら青が行動としては正解のようで、最初は赤のときはリセットしてたんですが、
ふと「私がのばらちゃんと同じ、何も分からない世界で自然に行動したらどうなるだろう」
と思い立ち、初回は起こった結果を全て受け止めようと、やり直しせずに進めることに。

最初にハートを掴まれたように、のばらちゃんは混血で際立った美しい容姿です。
しかし、人と違うということが彼女にはマイナスになっている様子。
また、どことなく現実で上手くいっていない、傷を抱えているような様子が垣間見えるのです。
と言っても決してひねくれた性格少女ではありません。
迷い込んだ虚ろ町のことはもちろん、のばらちゃん自身のことも気になりつつプレイしてました。
途中で出会う他のキャラクターもとても魅力的。
決して登場キャラクターの数は多くないのに、皆が印象に残っています。
詳細は伏せますが、特に後半で登場するキャラクターが良い味出していました。
虚ろ町の世界は怖いのだけど、あの方に会えるならこの世界も悪くないと思えたり。
この方はどうやら立ち絵変更の構想もあるようで、新しくされるならそっちも見たい!と気になります。

そして、やり直しせず自然に振る舞った結果は、やっぱりバッドエンドでした(・ω・`)
だいぶ失敗したので、グッドな訳ないと思ってましたけどね。
何とかのばらちゃんには幸せになって欲しい。
でも、主人公が自分だったらこのエンドに辿り着きそう……。

ちょっと実生活で色々あって、見られたエンディングはまだひとつなのです。
中途半端ですみません。
また他のエンドもクリアしたら追記したいと思います。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/900-5a3ebe04
    この記事へのトラックバック


    最新記事