ルドアルア

2018年11月27日 21:13

きののべ倉庫【タイトル】 ルドアルア
【制作】 きののべ倉庫 いつき様

ルドアルア
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 8.65MB
【公開日】 2018年10月17日
【プレイver.】 1.01

と試験のため、とある森へ訪れた主人公・エル。
すると、予期せぬ再会に喜ぶ暇もなく、森の中のとある無人の一軒家へと足を踏み入れることに……
そこでエルは、1人の幼い悪魔と出会い…… (制作サイトより引用)


まずタイトルが素敵です。
ゲームを起動すると、夜の帳の中、キラキラと光に包まれたおうちのドット絵が。
そして、流れる易しい音楽。
この時点で、このゲームは暖かくて良いゲームに違いない!と思いました。

何かの試験のため、どこかの森を訪れたエル君が主人公。
登場の仕方も独特で、面白い世界だなぁとワクワクしました。
その森の中でエルは、オープニング画面のおうちに辿り着くことに。
そこで出会う、少女の姿をした悪魔との交流の物語です。

「悪魔」と聞くて、実はこの子が突然覚醒して何やら良くないことが……とちょっと警戒したものの、
この作者さんの描く「悪魔」は、あまり邪悪なもの一辺倒ではないようです。
あくまで人間とは少し違う種族のひとつに過ぎない感じ。
ただ、人間もそうであるように個体によって性格や性質が違うので、中には邪なものもいるようですが。
何より主人公のエル君が「悪魔」に対して全く警戒していないので、こちらも警戒心が和らぎました。

このゲームがどんなゲームかと聞かれたら、一言で言うと「生活するゲーム」だったような気がします。
謎解きはなく、探索もほぼ家の中と周辺の1MAPをうろうるする程度です。
主にストーリーを見ていくタイプですが、ゲーム中で掃除をしたりと生活感が溢れているのです。
掃除や洗濯はキーボードで方向キー入力して行います。これが楽しい!
キーを押すのに合わせてお皿のアイコンがキュッキュッと拭かれて綺麗になったりと、本当にやってるような錯覚が。
ドット絵も可愛くて見飽きませんでした。

そんな平和でほのぼのな序盤から、少しずつ物語は動いていきます。
最後までプレイして、あぁ、最初に感じたことは間違ってなかったなと思いました。
中には悪い人も登場しますし良いことばかりでなはいものの、
暖かく優しい主人公の成年さに何より癒されます。
悪魔の少女も良い子で可愛く、そしてエルの相棒くーちゃんも良いキャラです。
キャラクターだけでなく、魔法が飛び交う世界も興味深く、心惹かれました。
もっと森の外での彼らの物語や世界を眺めていたいなと思わずにはいられません。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/910-6c27196b
    この記事へのトラックバック


    最新記事