ダドリーと不思議な塔

2018年12月12日 19:53

ひとでなしの空間【タイトル】 ダドリーと不思議な塔
【制作】 ひとでなしの空間 せん様

ダドリーと不思議な塔
【ジャンル】 謎解きアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類+α
【プレイ時間】 1時間~1時間半程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 13.2MB
【公開日】 2017年4月4日
【プレイver.】 1.09

届け物を持って「不思議な塔」――ベンジャミンタワーを訪れたダドリー。
大切な荷物を直接届ける為、ダドリーは塔の主ベンジャミンに直接会いたいと申し出る。
侵入者を拒む様々な仕掛けが施されたタワーを、ダドリーは無事に登り切ることができるのか――


ふりーむ!からはダウンロード版、RPGアツマールではブラウザ版がプレイ可能。
ただし、ブラウザ版のみ立ち絵や会話イベントの追加、そして追加エンディングがあります(2018年12月時点)。
※2020年10月のアップデートで、ダウンロード版にもエンディングが追加されたようです。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

私がプレイしたのはエンディング追加前のダウンロード版で、
この記事でのスクリーンショットや感想はその時点でのものです。

様々な仕掛けを解きつつ塔を登っていく、謎解き探索アドベンチャーです。
こちらの作者さん、有名ホラーゲームの「操」や「マッドファーザー」の作者さんなんですね。
前作2つは結構怖そうでプレイしたことがないのですが、
この作品は一目見て雰囲気に惹かれプレイさせて頂きました。

仕掛けを掻い潜って進んで行く、と聞くと即死トラップ満載の死にゲーを連想しそうですが、
このタワー、そんな恐ろしい場所ではありませんでした。
確かに仕掛けは施されているものの、失敗しても死にやしません。優しい仕様!
理不尽なトラップで即死し打ち震えること数多の、近頃のフリゲー界。
その中で出会えた稀な優しさに、何だか妙な感動を覚えます。

シンプルなドット絵に、吹き出しの台詞が可愛い雰囲気。
BGMはフリー素材ですが、全BGMをひとつのサイトの素材に絞られているので統一感があります。
特にメインで使われているBGMは、作品の雰囲気にっぴったりで耳に残りました。

主人公は犬を連れていて、一人と一匹の視点を切り替えつつ進んで行きます。
人の視点じゃないと文字が読めなかったり、逆に犬でないと見えないものがあったり、
人々の台詞が違ったりと様々な変化が起こります。
「視点の切り替えが必要」というシステムが生かされたギミックばかりで、面白かったです。
セーブは道中の記帳台のようなところで可能。
場所は限られていますしセーブ数も3つと少な目ですが、特に不便はありませんでした。

人嫌いなので他人侵入できないように仕掛けを施しているという、塔の主ベンジャミン。
どんな人物かは謎めいていますが、ちょっと進むと変わり者ということだけは理解できるかと。
ストーリーは、奇妙なおかしさや暖かさ、そして重い悲しみ……等、様々な感情が呼び起こされるものでした。

エンディングは基本1種類。
途中であるイベントを見ているとエンディングに追加要素があります(流れは同じですが)。
そして前述のように、ブラウザ版のみもうひとつエンディングが追加されているとのこと。
どちらをプレイしようか迷った方は、ブラウザ版が良いかもしれません。

私はそのことを知らず、ダウンロード版でプレイしました。
終盤の選択で「これを選んでこうやったら違うエンディングに行けるかも」
と思って試した行動があったんですが、何も起こらなかったんですよね。
ブラウザ版ではまさにその行動での追加エンドがあるようです。
また後日、ブラウザ版もプレイしてみたいです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/920-4e7edc32
    この記事へのトラックバック


    最新記事