幸せのペールノエル

2018年12月20日 19:50

沼から現れた【タイトル】 幸せのペールノエル
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

幸せのペールノエル
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 18.7MB
【公開日】 2012年12月18日
【プレイver.】 ?

天使のアンジェは天使学校の中でも変わり者。
クリスマスを知らないアンジェに友達は教えます。
「クリスマスイブの夜にサンタさんが現れて、世界中の子供達にプレゼントを配るのよ」と
アンジェは驚きました。
世界中にプレゼントを配るなんて只者じゃありません。
サンタに興味を持ち召喚しようとするアンジェですが、
この時期手がかりがある天使が人間界に降りるのは禁止されています。
そこでアンジェは考えました。
違う世界なら良いんじゃないかと…。 (Vector作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

天使のアンジェが、異世界を飛び回ってクリスマスのデコレーションを集めるゲーム。
タイトルの「ペールノエル」は、サンタクロースのフランス語です。

主人公の天使・アンジェのキャラクターが可愛くて好き。
この子、ボイス付じゃないのに、プレイ中は何故か声が頭の中で再生されてました。

サンタの存在を初めて知り興味を持ったアンジェ。
どうやら、ツリーを飾るとサンタが召喚できると思った様子。
天界の転送装置で、色々な違う世界を訪れてモノを奪……もとい、おすそ分けして頂くのです。

実は「違う世界」というのが、制作者の地獄カバさんとは別のクリエイターさんの創作世界という。
最初そこに気付いてなく、随分テイストの違うキャラクター達が登場するなぁと思っていました。
グラフィックは地獄カバさんで、台詞などは各々のキャラクターの作者さんが担当されているよう。
明らかに世界毎に個性が違うんですが、グラフィックが統一されているお陰でちぐはぐな感じはないです。
その辺のバfランスが良い具合だなぁと思いました。
エンドロールでは、それぞれの作者さんによる書き下ろしのイラストも見られます。
クリア後には、各作者さんのサイトを巡ってみました。
2012年の作品なので残念ながら閉鎖されているところもありましたが、個人的に興味ある作品もあり。
いずれプレイしてみたいですね。

途中経過はチェックせずにひたすら異世界を回っていたので、最後に戻って飾りつけを見たときに
「おおお、綺麗!賑やか!!可愛い!!!」と感動しました。
アイテムを触るとアクションが起きるのも可愛いかったです。
(ただ、雪だるまを触ったのはちょっと後悔……)
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/927-884fbf7f
    この記事へのトラックバック


    最新記事