安楽木(やすらぎ)さんは席についた ―消えた一億円の謎―

2019年01月06日 21:31

莞爾の草原。【タイトル】 安楽木(やすらぎ)さんは席についた ―消えた一億円の謎―
【制作】 莞爾の草原。 莞爾の草様

安楽木(やすらぎ)さんは席についた ―消えた一億円の謎―
【ジャンル】 推理ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 -
【公開日】 2017年10月24日
【プレイver.】 1.00

ミステリ作家、安楽木 奇子(やすらぎ・あやこ)のもとに訪れたのは、
彼女のおじである開業医の徳田という男だった。
徳田曰く、なんと金庫に保管していた一億円が急になくなってしまったのだという。
金庫の暗号は徳田しか知らない。金庫にこじ開けられた跡もない……。
犯人は一体、どうやって金庫の中の一億円を消して見せたのか?
(ふりーむ!作品ページより引用)


タイトルの通り、安楽椅子探偵が話を聞いて推理を繰り広げるミステリーノベルです。
安楽木 奇子さんという名前、そして助手を務める和渡尊くんも、良く見るとワトソン君という。
ティラノビルダー製で、公開先はふりーむ!のブラウザ版のみのようです。

おじさんが持ち掛けてきた相談を聞いて、最後に推理します。
警察ではなく姪っ子に相談をしてきた理由と言うのが、何ともびっくりな理由で。
しかし、きっちりその辺りも読者が納得行く決着を付けていて、作者さんと安楽木さん、お見事だと思いました。

読んだ時点で2つほど考えが浮かび、最初はハズレ。2度目の推理で正解できました。
外れたひとつは文中で可能性を否定されていたのですが(・ω・`)

選択式なので、総当たりで行けばクリアはできるかと思います。
事件も殺人事件ではなく盗難(しかもおじの事情を知るとあまり深刻になれない)ですし、
緊張感なく気軽に推理を楽しめました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/943-824da701
    この記事へのトラックバック


    最新記事