ツクモノガタリ~鬼子母神の巫女編~

2019年03月16日 22:06

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~鬼子母神の巫女編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~鬼子母神の巫女編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間25分(トータル1時間半)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 46.3MB
【公開日】 2019年3月3日
【プレイver.】 1.02

いつもの如く、九十九に仕事の依頼をしに訪れた佐久間。
ある村で孤児院を営む神社に預けられた子たちが、育て親の巫女と共に神隠しに遭ったという。
依頼を引き受けた九十九は、佐久間と共に村へ向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

楽しみにしているツクモノガタリシリーズの最新作。
九十九と佐久間氏の、おなじみのコンビが不可思議な事件を捜査します。

今回、途中まではさくさく進んだのですが、とある逃げシーンでものすごく苦労しました。
左側から迫ってくる画面に触れないように逃げるというところなのですが、どうしても上手くいかず。
50回はリプレイしたと思います。
ただ、50回くらいやって失敗したと思いきや、突然お話が進んで「!?」となりました。
これは救済措置なのか……もしくは、途中まで逃げ切れたらクリアだったのに、
「失敗した」と思って即リセットしてたから気付かなかったのか。
しかし、今回クリアできた箇所を過ぎた所でゲームオーバーになった時もあったので、良く分からないです。

私ほど下手なプレイヤーさんは珍しいと思いますが、ゲームパッドの十字キーで操作すると、
→と↑↓で方向を切り替える時にどうしてもラグがあるので上手く行きにくいような気がします。
キーボードの矢印を使うと、→を押したまま↑↓を押すと進みながら方向転換できるのでスムーズでした。
このちょっとの差が重要に感じる程度にシビアだったと思います。
ゲームパッド慣れしているので、プレイ環境で難易度に差が出るのは正直辛いところでした。
今作もしかしたらクリアできないんじゃと思ったので、何とか進めて良かったです。

そんな厳しい道中でしたが、探索自体はスムーズでした。
いつもは終幕・壱(ベストエンドのほう)を見る為には、村人に必要な話を聞いておいたり、
アイテムを取得しておいたり、色々とひと手間かけたフラグ立てが必要なのですが、
今作は普通にプレイしていれば、高確率で終幕・壱に行ける作りです。
例えば、〇〇へ行こうと誘導されたとき、寄り道して別の場所を探索するような手間が必要ありません。
おかげで、珍しく終幕・壱を先に見る事ができました。

ツクモノガタリらしい、優しくも物悲しい心に残る結末でした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/974-ad7bf84f
    この記事へのトラックバック


    最新記事