狸の家

2019年03月17日 23:10

あ行。【タイトル】 狸の家
【制作】 あ行。 アワラギ様(代表)

狸の家

【ジャンル】 ホラーファンタジー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周12分(トータル35分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 105MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年3月3日
【プレイver.】 1.00

2番目の子を授かり
新居(マイホーム)を購入するため中古物件を訪れた家族…
不動産に案内された家に入ると…
入り口が閉ざされる…
マンションよりも広い2階建ての一件家に子どもははしゃいでいるが…  (制作サイトより引用)



ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→


ティラノゲームフェス2019 にて、佳作を獲得された作品です。

古い日本家屋の中古物件を見学に訪れた家族に降りかかる奇妙な出来事。
「狸の家」というタイトルから、日本昔話のようなちょっぴり不思議でユーモアのある体験かと思いきや……
想像以上に奇怪な展開で、ゾワリとしました。
こちとら日本人なんだよー、狸に化かされる話なんて慣れっこなんだよー。
と思っていたら裏切られます。怖し。

ちなみにゲーム紹介ページにも記載があるように、本編クリア後に読める調査モードでは、
同作者さんの別作品「不死の捜査録」の主人公たちが登場します。
私は不死の〇〇録シリーズプレイ済みだったので、彼らの活躍が見られて嬉しかった!

お話自体に繋がりはないので前作シリーズをプレイ必須とまでは言えないものの、
プレイしていないと「これは何?……誰?」という感じになるかも。
また、特殊な戦闘があるので、プレイ済みのほうがスムーズにできるとは思います。
戦闘は最初難しく感じたものの、慣れてコツを掴むとさくさく進めました。

不死の〇〇録シリーズはクトゥルフをモチーフにしたホラーファンタジーですし、
今回は狸のイタズラ程度の全く違う世界だと思ったのに、まさかシンクロしているとは。
その点も驚きです。
不死の〇〇録シリーズは大好きなので、こういう形で続きが読めるのは嬉しいです。
また次回作があれば良いなぁ。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/975-d50510fa
    この記事へのトラックバック


    最新記事