ホラー の記事一覧 
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
   

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ある森の奇談

2014年11月14日 18:46

Inside Brain【タイトル】 ある森の奇談
【制作】 Inside Brain KC.R様

ある森の奇談
【ジャンル】 ショートホラー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 7分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 0.99MB
【公開日】 2013年9月4日

森で遭難してしまった男は、誘われるように湖に辿り着く。
そこで男が目にしたものは……。(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

数分で読める短編ホラーノベルです。
2006年に制作された「山ノ池」というタイトルの作品をリメイクしたものだそう。
ツクール製なのでキャラ操作あり。深い森を探りつつ、辿り着いた湖で起きる出来事は……!?

読んでいて想像したのと違う結末でびっくり。
あっという間の出来事だったので、何が起こったのかしばらく把握できずに
コントローラー(ツクールゲームはコントローラー使ってます)握ったまましばし呆然としました。
そして数分後、もう一度プレイする私の姿が!
しかし何度やっても一瞬の出来事。
一体、あれは何だったのでしょう。何を引き寄せてしまったのか……。

現時点でひとつ、道中で岩(?)のオブジェクトを調べるとエラー落ちする箇所あり。
やり直しは容易なので、もし落ちてしまったら次からは避けて進むとよいです。
拍手する

廃校ノ噂

2014年11月07日 18:15

廃校ノ噂 【タイトル】 廃校ノ噂
【制作】 廃校ノ噂 とびナたぴ様、由様

廃校ノ噂
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【スチル数】 18枚
【プレイ時間】 1周5~20分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 126MB
【公開日】 2014年9月3日

好奇心は災いのもと――。
高校2年生の夏。
いつの日からか、校内で広がりはじめる廃校の噂。
彼らは夏休みを利用し、噂の真実を確かめるべく廃校へ向かう。
”肝試しやろうぜ”――。
これが恐怖の幕開けだった。(制作サイトより引用)


男子高校生4人組が廃校へ肝試しに向かい、怖い目に会う……というお馴染みの作品。
短編なので、気軽にプレイできるのが良いですね。たまにはライトなホラーも遊びたい。
学校の怪談というと七不思議が一般的ですが、今回出てくる怪談は4つです。
7つだと冗長になる恐れもあるので、ボリューム的にはちょうど良かったと思います。

エンディングは6種類あり、うち5種類はBADです。
運次第ではストレートに生存エンドに辿りつく事も可能そう。
ちなみに私はそんな運良く行く事はなく、山崎くんとラストを外しました。

B級ホラーな物語に絵柄がぴったり合っていて、良い塩梅でした。
これがアニメっぽい可愛らしい絵柄だったら、この味は出せなかったかも。
スチルも多く、色々なシーンが見られて良かったです。
キャラクターの中ではヘタレ役の浅瀬くんの表情変化が笑えました。
とことんヘタレなんですが、スチルでは立ち絵からは想像できないイケメンなのもまた良し。
個人的に好きだったのは、始終冷静な中田くん。
彼を一発で助けられて良かった~!
唯一酷い目に遭わせてしまった山崎くんは……うん、まあ、いいや。(ごめんよ、でも自業自得だよ!)

※以下、一部ネタばれを含むので反転しないと見えないようにしています。

綺麗に終わったのでほっとしていたら、最後のシーンでぞわっとしました。
こういう【終わったと思ってたのに、日常に忍び込んでくる悪夢】って怖いです。
拍手する

妖怪不条理小咄『妖隠録 弐 ~ 天井嘗』

2014年10月18日 13:14

偽書[香津宮綺譚] 【タイトル】 妖怪不条理小咄『妖隠録 弐 ~ 天井嘗』
【制作】 偽書[香津宮綺譚] 香津宮裕介様(代表)

妖怪不条理小咄『妖隠録 弐 ~ 天井嘗』
【ジャンル】 和風怪談サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 22分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 13.7MB
【公開日】 2014年9月12日

妖隠録 弐 と銘打たれていますが、物語としては前作と繋がりはないようです。
ただ、同じ世界を共有しているそう。
前回の妖隠録も印象は強烈だったんですが、細部は記憶が薄れていましたので
こちらをを読むにあたって、また読み直してみました。

前作は、あの世とこの世の境目を自覚なくふらふらと彷徨い歩くような危うさがあったのですが、
今回は一人の人物が正常と狂喜の狭間を自覚しつつもふらふらする心許なさを感じました。
元々私がこの手の話に不快感を感じるたちなので、読んでいて何とも気持ち悪く、
幾度となく背筋がぞわりとしました。
天井のしみに関してはある予感があったものの、終盤の展開は素直にびっくり。

文章に合わせて文字が動く演出も初めてみましたが、雰囲気があって良かったです。
ただ、香津宮さんの文章はそれだけで洗練されていて完成されているので、
あまりに同じ演出が続くと、ややくどさを感じる面も。
元々こちらはビジュアルノベルとして書かれた作品ではないようなので、
あとから演出を付け足すと、そのあたりのさじ加減を図るのが難しそうですね。

結局、妖怪は見る人間の心根によって姿を変えるのかもしれないな、と思います。
何でもない、と思えば何でもない。
恐ろしいと思えば、それは恐ろしいものなのに違いありません。
拍手する

誰かが私を見ている。

2014年09月22日 17:49

トラベルミン【タイトル】 誰かが私を見ている。
【制作】 トラベルミン 未槻ネオン様

誰かが私を見ている。
【ジャンル】 陰々滅々孤独ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1分
【ツール】 delphi・もっとちっちゃいab
【容量】 27.0MB
【公開日】 2013年9月28日

誰かが私を見ている。(制作サイトより引用)


ふむふむ、ホラーでよくありそうなお話だなぁ。
誰か、かぁ。あ、もしかして……


!?











こんな感じでした。
終了した後も、逃したくないの。とか言って勝手に立ち上がってきそうで怖いです(((゜Д゜)))

トラベルミンさんのちっちゃいホラーは歴代プレイさせて頂きましたが、
今回のが一番好きかも。
モノトーンも雰囲気ありますが、カラーだとまた表現が広がって見えて良いものですね。
拍手する

隣の異界

2011年11月19日 21:13

トラベルミン【タイトル】 隣の異界
【制作】 トラベルミン 未槻ネオン様

隣の異界
【ジャンル】 ホラーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 17.7MB
【公開日】 2011年3月3日

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
「時空の歪み」に加筆修正を加え、サウンドノベル化させて頂きました。
単なる心霊現象では説明のつかない不可解な話。短編集。(制作サイトより引用)


上記にあるように、2ちゃんねるのスレッドに書き込まれた怪談をまとめた作品です。
奇妙な「異界」に迷い込む……という共通テーマのお話がまとめられていました。
現実にありそうにないけど、何だか恐ろしかったのです。悪夢でこういうのよくあるからでしょうか。

効果音もいい具合に不安感を煽ってました。画像も綺麗。
ただ、ホラーなんだしもう少しエグい画像があっても良かった?なんて思っちゃった場面もありました。
見た目より想像力で怖さを喚起するタイプのお話なので、必ずしも視覚的な恐怖は必要ないとは
思うんですけどね。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。