その他 の記事一覧 
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
   

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

迷妄ハロウィン

2014年11月10日 19:37

Ankrache【タイトル】 迷妄ハロウィン
【制作】 Ankrache 藤様

迷妄ハロウィン
【ジャンル】 オールバットエンドADV
【対象】 15歳以上
【ED数】 11種類
【スチル数】 17枚(差分含む)
【プレイ時間】 1周5分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 23.5MB
【公開日】 2012年11月13日

10月31日、今日はハロウィン!
と、いうことでかぼちゃを用意したらなんと喋りはじめやがった。
しかも自分を悪魔(笑)だとか言っています。
さらには 「トリック・オア・トリート!!」 だってさ。
さっさとお菓子を渡して帰ってもらいましょう。(制作サイトより引用)


限られた時間内で部屋を探索し、その結果でエンディング変化します。

グラフィック可愛いすぎです。正直、見た目に惹かれてダウンロード致しました。
でも、見た目の可愛さに騙されてはいけません。
ちょっとプレイする程度では分かりませんが、最後まで行くと病み要素あります。
制作サイトさんにある「オールバッドエンドADV」の表記や、Readmeにある「猟奇的」の
注意書きを見て嫌な予感と覚悟はしていたのですが……。
当時ほのぼの系ゲームのプレイが続いたので、こういうダークなゲームがしたかったのですよ。

しかしこのゲーム、進めるのが非常に難しい。他にプレイしたアイテム選択系のゲームを
「これ難しい。無理」と言っていたのが申し訳ないと感じる程です。
エンディングを見る為のフラグが複雑で、ひとつのエンディングを目指すプレイの前に、
違う行動をしたプレイでフラグを立てておかないといけないんです。
(フラグ立てるだけのノーマルエンドを迎えておく→次にエンディングを見る為にプレイ、みたいな)
これ、攻略情報なしで最後まで行けた人いるのかなあ。

ゲーム内でヒントが見られるのですが、私はそれだけでは困難でした。
ヒント通りにやってるのに上手くいかないので、制作サイトさんの攻略を拝見。
そちらの攻略はズバリ回答なので、無事(?)コンプリートできました。
いや、最初はよく意味が分からなかったんですが、真実が見えてくるに従ってぞっとしました。
途中から、突如見えないものが見えてきた時の「え?」という驚き。
オールバッドエンドの意味もよく分かりました。
幸か不幸か、登場人物の人間性があまり見えてこないので、感情移入することなく
第3者の目線で冷静に見られた部分はありますけどね。

コンプリート後は、可愛い画面も違うモノに見えてきて不気味に感じてしまいます。
猟奇的、病みゲーが好きな方はぜひ頑張ってコンプリート目指してみて欲しいです。

そしてこの作品、ジャンルをどこに入れるか悩みました。
ファンタジーかと思いきやそうではなく。アイテム収集も何か違う。ホラー……?うーん。
悩んだ末、とりあえず「その他」とさせて頂きます。
拍手する

日輪の劇団

2014年10月13日 12:39

ギブミーネコ【タイトル】 日輪の劇団
【制作】 ギブミーネコ 今曰花様

日輪の劇団
【ジャンル】 寸劇RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 2.24MB
【公開日】 2004年頃?

【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

テックウィンDVD2004年10月号コンテストパーク銅賞受賞作品。

旅の劇団一座がとある町で演劇をするために奮闘するゲームです。
これ、自分で考えた台詞がゲーム中の演劇に反映されるという面白い試み。
台詞を入力するシーンでは、それが劇中でどういう使われ方するのかあまり分からないので、
出来上がると自分で思ったのとは予想外の展開に。
アホな言葉推奨のようですが、たまに真面目な台詞を混ぜておくと更にカオスになります(笑)
想像と違ってすべっちゃった台詞もあれば、思わず自分で噴き出す程はまった箇所もあり。

ただ、演劇はあくまでゲームの一部であり、ストーリーを進める為には街の探索も必要なので、
単に観劇を楽しむだけとはいきません。
クリア後でも良いので、演劇部分だけ出来るともっと楽しめたかなと思うのですが。
でも、探索すると色々な服を入手して着替えられるのは楽しかった。
カタリナ何着せても可愛いです。性格は破天荒ですが、終わってみると意外と良い奴だった。
読後の後味もすっきりです。

途中に戦闘シーンが何度かあるのですが、その勝敗、特に最後の戦闘の勝敗で
エンディングが変わるようです。
しかし、ラストバトルに勝てない……。という訳で、エンディング全部は見られていません。
色々調べてみると服装で能力が変わるという記述も見つけたんですが、終盤着替えが出来ないし。
負けた方が色々と大団円で良い気もするんですが、勝つにはどうすればいいのか。悩み中です。

ちなみに、、演劇部分だけを特化した「アグニの神」という同作者さんの別ゲームもあります。
こちらは台詞でなく配役を変えて劇を楽しむというもので少しテイストが違いますが、
抜群に楽しいので演劇楽しめた方には特にお薦めです。
拍手する

学べよ乙女!

2014年10月03日 17:55

綾の国【タイトル】 学べよ乙女!
【制作】 綾の国 綾姫様

学べよ乙女!
【ジャンル】 女の子向けお勉強SLG
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3 
【容量】 6.33MB
【公開日】 2004年11月30日

季節は11~12月ごろ。期末テストまでの一週間、
友達の玲ちゃんの家で一緒に勉強することになります。
さて、勉強ははかどるでしょうか。……結果は?(制作サイトより引用)


ストーリー付きのクイズゲームです。
特に恋愛要素はないので性別問わず楽しめるとは思いますが、ほのぼの系なので
やっぱりどちらかと言うと女の子向きかも。

クイズに答えていき、正答率でエンディングが変わってきます。
クイズ以外に選択肢はないので、ひたすら毎日お勉強。
初問題が簡単だったので楽勝と思いきや、途中分からない問題も散見しました。
現役の高校生なら大丈夫なのかもですが、私にはやや厳しかった……。
ちなみに、正解率が高いとストーリーが進み、エピソードが少しずつ挟まれます。
逆に低すぎると何も起こらない。
選択肢は正解、惜しい、明らかにハズレという3つが出るパターンなのですが、
何度かやってると、コレ、正解選ぶよりハズレ選んだ時のやりとりの方が面白いという。

エンディングのシーンはどれも青春!という感じで眩しいです。
全問正解も良いけど、惜しいパターンも普通に良かったです。
楽しそうで羨ましいなぁ(n'ω'n)
拍手する

弟フリークス

2011年11月11日 11:11

COCOON【タイトル】 弟フリークス
【制作】 COCOON 八色いんこ様

弟フリークス
【ジャンル】 女性向けアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【スチル数】 
【プレイ時間】 1周1~5分(初回10分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 26.0MB
【公開日】 2011年10月7日

ある日弟が勇者になっちゃった!
魔王討伐という過酷な旅へ出かける弟の為に
役立ちそうな(あるいは何に使うか分からない)アイテムを集めよう!
(制作サイトより引用)


アイテムを集めて、集め方によってエンディングが変わるミニゲーム。
趣向としては、同作者さんの「まじょもあるけばつりーにあたる」に似ています。

水屋やのれんなど、そこはかとない和風テイストなお部屋のミニチュアがかわいい。
姉弟コンビも何となくずれてていい味出してます。
……が、シスコンの弟って個人的に趣味じゃなかったので、ちょっと萌えられなかった。
と言っても、その弟が勇者になるという設定はぶっ飛んでいて清々しいです。
どうやったらそういう楽しい発想がでてくるのだろう。

かわいくない妖精さんを集めてニヤニヤしつつ、今もコンプ目指して頑張ってます。
拍手する

斬首人が連れて行く

2011年02月19日 19:13

*coelacanth*【タイトル】 斬首人が連れて行く
【制作】 *coelacanth* 18歳未満入室禁止 那々瀬様、雅様

斬首人が連れて行く
【ジャンル】 オカルティックBL18禁ADV
【対象】 18歳以上
【ED数】 9種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周45分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 18.9MB
【公開日】 2009年6月7日

――《斬首人》が俺を殺しにくるのなら、逆にそいつを殺してやる

首斬り役人を先祖に持つカルカテラ家には嵐の晩に現れる《斬首人》に
首を斬られて死ぬという言い伝えがあった。
シア・カルカテラは祖父が病死したのを機に当主の座を受け継ぐための
《カルカテラ後継儀》に臨むことになる。
父と母は首を斬られて死に、唯一の肉親となった兄は別城に篭っていて
もう数年も会っていない。
外では雨が降り続け、不穏な雰囲気に包まれたまま城は運命の夜を
迎えようとしていた……。(制作サイトより引用)


※制作サイトさんは18歳未満の方は入場禁止です。ご注意ください。

私、BLが苦手ですので普段ならプレイはしません。
ですが、こちらの作品はストーリーがすごく面白そうだったので惹かれて、
ぜひともプレイしたくなってしまいました。

嵐の夜、城の中で怒る惨殺劇。
登場人物も誰が味方で誰が敵なのか分からない不信感と不気味さがありました。
まるでクローズド・ミステリのようでとてもドキドキさせられました。

承知してプレイした事とはいえ、18禁作品ということでエロシーンがあるのは
自分としては正直辛かったですが、それでもプレイして良かったと思える面白さでした。

攻略はなかなか難しかったので制作サイトさんのヒントを見てしまったのですが、
何だか珍しく燃え上がり、ちらりとヒントを見た以上は攻略に頼らずに結構頑張りました。
色々試して新展開に持ち込めた時は本当に嬉しかったです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。