カプリシウスルート

2018年11月03日 20:00

カプリシウスルート【タイトル】 カプリシウスルート
【制作】 植物の灰 よひら様、 ちゃんとする サム様

カプリシウスルート
【ジャンル】 奇跡を使い廃墟を探索するADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル45分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 17.5MB
【公開日】 2018年9月24日
【プレイver.】 1.03

水に沈む神殿へ、「大切なもの」を捜しに来た主人公。
不思議な「奇跡」の力を使い、廃墟を進んでいく。
彼が捜す「大切なもの」とは――?


手品師か魔法使いのような姿の人物と、火の妖精?のコンビが主人公。
火の妖精クンは、魔法使いを「主サマ」と呼んでいます。
最初は手探りですが、何かを調べるとこの妖精クンが上手く導いてくれるので、
プレイヤーはストーリーを眺めつつゲームの仕様を自然と理解できるようになっています。
キーひとつで使える「奇跡」。
MPとか回数等の使用制限は何も無く、使い放題。
その力を使いつつ道を作ったり、燭台に火を付けたりしつつ進んでいきます。
ボタンひとつで「奇跡」を起こすのは、ゲームとはいえ気持ち良かったです。

この廃墟が何なのか、そして主人公たちは何をしに訪れたのか。
ゲーム形式としてはオーソドックスで、道中で手記を読んだり、
垣間見える過去の残像を見たりしながら少しずつ明かされていくタイプです。
ただ全てが語りつくされる訳ではないので、詳細はプレイヤーの想像に委ねられる感じでした。

探索がメインで難しい謎解きもないので、詰まることなくクリア。
分岐条件も何となく分かったので、2つのエンドを労せず見ることができました。
滅びてしまった廃墟の過去を垣間見る切なさと痛み、虚しさ。
それに得体の知れない力への畏怖。
それに、この作品のタイトルはどういうことか?と考えたときに頭に浮かんだこととか。
色々な感情が相混ざって、少し複雑な気持ちになったエンディングでした。
上記の通り、ストーリーはプレイヤーの想像に委ねられる部分があるので、
どう感じるかというのもプレイする方によって様々かもしれません。

ただ鍵を探して部屋を開けて……というタイプのゲームとは一味違う楽しさを味わえました。
ちなみに私がプレイしたのは、記事投稿時の最新バージョンよりひとつ前のものでして、
最新のものは演出が一部変更になっているとか。どう変わったのか気になっています。
また折を見てプレイしたいですね。
拍手する

もう二度と君に会えない

2018年11月02日 20:00

もう二度と会えない【タイトル】 もう二度と君に会えない
【制作】 モリ様 (Webサイトなし)

もう二度と君に会えない
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 24.0MB
【公開日】 2018年7月21日
【プレイver.】 1.0.2

ゲームをプレイしていたあなたは、突如ゲームの世界に閉じ込められてしまう。
そこで同じように閉じ込められたという女性に出会い、共に脱出を目指すことに。


第10回 WOLF RPGエディターコンテスト 斬新さ部門で17位を獲得された作品です。
作品サイトの他、ウディコンのサイトからダウンロード可能(エントリー番号【23】)。

プレイを始めると、ゲーム画面の中にテレビ画面が。
劇中劇のような、ゲーム中ゲームが始まります。
レトロなテレビ画面が、昔のファミコンみたいで味があります。
グラフィックもシンプルなドットで、内容はいかにもなホラー。
その荒いドットの無機質な感じが逆にちょっと怖かったです。

全編を通じて、基本は探索と追いかけられゲームでした。
セーブは、一定の箇所まで進むと自動セーブされます。
難しくはありませんが、かと言って易しくもない難易度でした。
逃げが苦手な私はちょっと手こずって何度かトライしました。
ただ、嫌になって投げ出したくなる前にクリアできる程度です。
個人差があるので何とも言えないけど、多分普通にゲーム慣れしてる方なら難なくいけるかと。

クリアすると、タイトルの意味が分かります。
こういうの好きです。唸らされました。
これ、ネタを思いつくところまでは誰でもいけそうですが、
それをゲームとして作り上げるのは大変だっただろうなぁと思います。
作者さんに敬意を表したいです。

すごくグラフィックが綺麗とか、ストーリーが秀逸とか、ゲーム性が高いとか
そういう面では失礼ながら突出したところがある訳ではありません。
それなにに、2周目をやりたくなる魅力を秘めた作品です。

WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

公衆電話

2018年11月01日 20:43

公衆電話 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 公衆電話
【制作】 加藤 匠様 (twitter)

公衆電話
【ジャンル】 
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1プレイ3分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 77.4MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月27日
【プレイver.】 1.02

ふと目が覚めると、男は公衆電話ボックスに閉じ込められていた・・・。
プレイヤーは自分で好きな番号に助けを求めることができますが、
所持金は10円玉が3枚だけ。
30円分(=3回)しか電話をかけられないので、すぐに力尽きてしまうでしょう。
しかし新たな番号さえ知ることができたなら、次回は初めからかけていくことで、
物語の真相へと近づくことができるはずです。
あなたを助けてくれそうな人は誰だろう? (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


以前、twitter等で面白いという感想をお見掛けして、気になっていたゲーム。
ノベルゲームコレクションの作品ページより、ブラウザプレイ・ダウンロードが可能です。
ゲーム会社にお勤めのプロのゲームクリエイターさんが個人的に作られているようで、興味津々でした。

電話ボックスという狭い空間に閉じ込められた主人公の脱出劇。
手元にあるのは10円玉が3枚という絶望的な状況です。
最初は何とか自分の置かれた状況が分かるだけで、何のヒントもありません。
主人公は携帯やスマホも持っておらず、家族や友人の番号も暗記してはいないようです。
ただ、そういう状況で助けを求めるとしたら?誰でも思いつくことはあるはず。
そこから少しずつヒントが提示され進展していく構成は、良く考えられていると思います。

ストーリーも、単なるホラーというよりはメッセージ性の強いものになっています。
辛口で言えばちょっと上手くいきすぎな気がしますが、ストーリーの巧みさが良かったというより、
プレイしたことで自分はどうだろうか、自身を振り返るきかっけになったことが何より良かったと思いました。

プレイ後に作者さんのtwitterを拝見したところ、ボタンを押す音は実際の公衆電話で録音された模様。
欲を言えば、「カチカチ」という音ではく、「ピッポッパ」と鳴る音が好きなので、
そっちを実装して頂ければ嬉しかったかも。
それと、わりと凡ミスで掛け間違いをしてしまうことがあったので、
相手に繋がるまでの間はガチャンと切って掛けなおせる仕様だと良かったかなと思います。
(30円しかないのだから、もっと慎重に掛けろという話ですが……)

エンディングは7種類。
終盤までプレイを進めれば、エンディング分岐条件は分かってくるかと。
トータルで遊ぶと30分はかかると思いますが、とくかく斬新なゲームで最後まで夢中でプレイできました。
拍手する

はろうぃんないとぱーてぃ!

2018年10月31日 21:04

■なつの遊技場■【タイトル】 はろうぃんないとぱーてぃ!
【制作】 ■なつの遊技場■ ニグラム様

はろうぃんないとぱーてぃ!
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 65.1MB
【公開日】 2018年10月31日
【プレイver.】 1.0

人間の実況者、ライスがある夜目覚めると知らない場所に…
そこで出会った悪魔は言います、「パーティーの余興をつとめてほしい!」
色々な世界のお客さんと楽しむ、素敵なハロウィンパーティーが帰ってきました!
(ふりーむ!作品ページより引用)


※作者さんのお名前が改名されたようで、
 当記事ではゲーム紹介ページのお名前で紹介させて頂きました。

以前プレイさせて頂いた、"Trick And Treat Night!"シリーズに続くハロウィン作品。
前三作で完結だと思っていたので、新作が遊べて嬉しいです。

今回も、色々な作者さんの創作キャラクターが出演するコラボ作品になっています。
ゲーム内容も、和やかでほのぼの。
本当に小さな子供から安心して遊べそうな作品です。
プレイしていて、何だかほっとした気持ちになれました。

シューティングや探しものゲーム等ミニゲーム要素もあり。
ただし、難易度は易しめですし勝てなくてもOK。進めます。
がっつりゲームをやりたいときは物足りないかもですが、私は今は気軽にプレイできる作品を求めていたので
肩肘張らずに気軽にプレイできて、気分にぴったりでした。

今作はまた一層キャラクターが可愛くなっていましたし、
スマホや実況者といった今どきのワードも登場して、何だか斬新でした。
できるだけたくさんのキャラクターを捜したくて街中をウロウロしましたが、
前作までの主人公たちは見付けられず、そこだけはちょっぴり残念。

また来年も、続きがあればぜひプレイさせて頂きたいです。
拍手する

はぴはぴはろうぃん

2018年10月30日 20:00

はぴはぴはろうぃん【タイトル】 はぴはぴはろうぃん
【制作】 ちゃんとする サム様

はぴはぴはろうぃん
【ジャンル】 乙女向け微糖恋愛シュミレーション
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【プレイ時間】 1周13分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 18.1MB
【公開日】 2013年10月31日
【プレイver.】 1.00

今年も毎年恒例のハロウィンパーティーがやってくる!
パーティー衣装を引っ張り出したけど、衣装はボロボロだった…。
タイムリミットは一ヶ月。ハロウィンパーティーに向けて準備をしよう! (制作サイトより引用)


森で材料を集めてお金を貯めてパーティー服を誂え、美容室で魅力アップし、
更に村人と話してダンスパートナーをゲットするという、やることがいっぱいのゲームです。

初回プレイは勝手が分からず進めたら、魅力ゼロの女になってしまいパーティーにさえ行けず orz
何度かやっていると、何となくコツが掴めてきます。が、まだ難しい。
ハロウィンに間に合えーと思ってアップしましたが、まだエンディングコンプできていません。

パートナーになる男の子は皆モンスターですが、造作が可愛くて癒されます。
町の女の子も、郵便屋さんも皆可愛い。
しかし、可愛い顔してサラっと怖い事言ってたりするので、単なるほのぼの世界だとは侮れません。

もう少しやりこんだら感想追加したいです。



拍手する


最新記事